スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後継者を育てるのが難しい

2017.03.16.Thu.22:48
よく二代目はボンクラが多くでダメだという。たしかにそうなのかもしれないが、創業者は攻めの経営は知っているが、守りの経営、組織ができてしまった状態からの経営、を知らないことが多々ある。そして二代目は創業者から学んだ攻めの経営が通用しないのである。創業の能力者は必ずしも守成の能力者ではない。

「創業と守成いずれが難きや」
山本七平の「帝王学 [貞観政要]の読み方」(日本経済新聞社1983)という本がある。貞観政要とは、徳川家康や北条政子も愛読した、唐の第2代皇帝太宗と臣下たちの問答集である。

新しい王朝は、必ず前代の失政、混乱の後を受けて出てくるので、人々は新しい支配者を受け入れる。しかし一旦支配者になると驕りが出て、また失政、混乱を引き起こす。国の衰亡はつねにこれによって起こる。

創業の苦労は陽性なものであり、頂上を目指す登山に似た点がある。到達すべき目標がはっきりしており、危険はあるもののそれを克服していく喜びもある。しかし山頂を極めても事業は終わらない。

安倍内閣が長期政権なのは、人々の脳裏におぞましい民主党政権時代の恐怖の記憶が残っているからである。しかし安倍首相もいつか辞める日が来る。

攻めと守り、どちらが難しいのか。始皇帝もアレキサンダー大王も、本人たちはそれどころではなかったのだろうが、前例のないことをやった先駆者としてのうかつさもあるだろうか、後継者を育てていない。あっという間に帝国は瓦解してしまった。

後継者を育ててリーダーシップが完成する。日本の場合、安倍首相の後継者が見当たらないのが心配である。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。