スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思想で勝負する

2016.10.22.Sat.23:54
共産党は名前を変えればもっと票が伸びるという人がいるが、私の考えは逆である。共産党という名前が、一定の支持を得るのである。「ケンポーをまもろー」という絶対に変えないジングルも持つ。"セブンイレブンいい気分"である。だいたい政党名はブランド・アイデンティティの源泉なので、日本のこころ党みたいに、みだりやたらと変えるものではない。

共産党は、どんなに間違っていても一定の支持層がいる。戦前の宮本リンチ事件、ソ連の東欧諸国弾圧の全面支持、北朝鮮(デモクラティック・コリア)への集団帰還事業支援、ソ連機密費受領など致命的な間違いを上げたらきりがない。

でもこのような致命的な間違いも、支持者の間ではあまり問題とはなっていない。共産党支持者は、政策ではなくその思想にしびれているからである。共産党支持者にとって共産主義には夢と希望がある。共産主義は強弱で言うと強い思想である。

一方保守主義はどうだろうか。昔、中川八洋の本などを読んで保守思想の勉強をしたが、思想の強弱で言うと、理屈っぽくて弱い思想である。保守思想の本場イギリスも共産主義にやられて衰退してしまった。保守主義は共産主義ほど大衆魅了力がないのである。

それに真正保守と似非保守の区別なんてできない。最近は蓮舫も自分は保守主義者であると言っているが、これに対して保守主義者達は素人にもわかるような上手な反論ができない。

もっと大衆にわかりやすい思想がある。それが民族主義である。第一段階は他民族を友好民族と敵性民族、中立民族に区分する。それから第二段階以降を考える。蓮舫も自分は日本民族主義者とは言わないだろう。民族主義が正しくて強い思想なのである。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。