日本の問題

2014.07.26.Sat.22:07
問題とは,あるべき姿と現状が乖離している状態である。
問題の種類には、論理的問題と創造的問題、見える問題・探す問題・創る問題、などいろいろな分類方法があるが、一番シンプルで使いやすい分類は、改善型の問題と開発型の問題という分類法であろう。改善型は現状を過去に決めた基準に戻すことにより解決し、開発型は新基準をクリアして問題を解決する。

現代日本の諸問題が解決しない理由の一つは、GHQの日本民主化、反封建化名目による日本破壊政策により、日本人が戦前の日本の姿を知らない、つまり解決の方向を決める基準の一つがわからないということにある。

GHQの占領政策は、実は二期に分類することができる。
最初は日本破壊と、民生局による共産化の下準備です。今の人はピンとこないだろうが戦前のアメリカは容共です。GHQの民生局はアメリカ人左翼やソ連人がたくさんいた。マッカーサーは古いタイプの軍人で共産主義のイデオロギーや戦術には無知だった。

ところが、アメリカ国務省高官のG・ケナンが、民生局が日本語の文法を変えることに興奮していること、国家警察を廃止して治安能力を低下させていること、公職追放と称して社会の要職を左翼が乗っ取っていること、などをみて、これはおかしいと感じる。マッカーサーが調査したところ、驚くほどの共産主義者がGHQに入り込んでいることがわかった。

そこでマッカーサーは、GHQ内の左翼を追放し、日本国内においても左翼を追放したが、マスコミ、大学などに残り、いまだに被害が続いている。

参考文献
「スターリンの国際戦略から見る大東亜戦争と日本人の課題」(落合道夫著、2007年)
コメント

管理者にだけ表示を許可する