スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフレにできるものなのか

2016.10.16.Sun.21:55
政府と日銀の異次元緩和による消費者物価上昇率2%の目標というのは、今のところ達成できるような状況にはなっていない。今後日銀は、量から金利へと大きく緩和政策の軸を転換させるそうだが、そもそも今の時代に人為的にインフレにすることなどできるのだろうか。

一昔前までは物不足の時代である。人類の歴史の大半は物不足の時代であった。だからお金よりも物に価値があり、通貨供給量が増えるとすぐインフレになってしまった。

現在は生産力過剰の時代である。売れるものはすぐに大量生産して、値下げ競争になってしまう。

物を所有するには限度がある。使わない車を何十台も持っていてもしょうがない。
一方お金はどんなに持っていても、困らない。

為替相場による輸入価格の上下や、数字のあやで物価が多少上昇することもあるかもしれないが、どんなに金融緩和しても、生産力過剰の状態が変わらないのなら、畢竟インフレにならないのではないのか。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。