ショーンKと落合信彦

2016.03.20.Sun.00:34
私はこのような人物を知らなかったのだが、「ショーンK」なる人物の経歴詐称がばれて、ちょっとした騒ぎになっているそうだ。テンプル大学卒業、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得、パリ第1大学に留学、世界7ヶ所にコンサル会社所有と称していたらしいが、全部嘘だという。しかも彫りの深い異国人顔に整形手術して、シークレットブーツを履いているのだという。

シークレットブーツと聞いて私は一人の人物を思い出した。落合信彦である。

落合信彦のことは奥菜秀次の三部作
「落合信彦・最後の真実」
「落合信彦 破局への道」
「捏造ジャーナリスト 落合信彦」
に詳しい。

ちなみに久々にアマゾンで奥菜秀次の落合信彦三部作を見たら、以前よりカスタマーレビューが減っている気がするのだが、削除されたのだろうか。

落合信彦の本というのは、未邦訳本の盗作と、ゴーストライターで成り立っている。落合の本には、CIAやモサド、KGB等の人物や、彼らからの情報が多数登場するが、全部嘘である。元オイルマンも嘘である。オイルマン時代に発見したという大油田がどこにあるのか確認ができない。本当のオイルマンである藤原肇によると、落合の油田の調査、採掘方法、ビジネス展開はデタラメだそうだ。オイルビジネス時代のコネでドナルド・トランプとは仲がよく、ブラックマンデーの直前に落合からのアドバイスで、トランプは大損をまぬがれたというが、まあおそらく嘘であろう。

奥菜秀次の落合信彦三部作は単なる落合個人の批判本には留まらない。詐欺師の心理を知ることができる貴重な分析本である。

最初に経歴詐称が通ると、自分を実際以上に大きく見せようとする。歪んだジョハリの窓がどんどん広がっていく。素顔の自分が仮面になり、仮面の自分が素顔になる。

ショーンKなる人物についても、社会的公共的意義が強いであろうキャスターとやらに使う前に、何で学歴や資格、職歴を証明するものを求めなかったのだろうか。まったく失礼には当たらない。

自分が公表している経歴については、いつでも証明できるようにしなければならない。
コメント

管理者にだけ表示を許可する