スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統世界の反撃

2015.12.06.Sun.23:10
現在の国際情勢を単純化すると、イスラムや中華帝国、ロシアがリベラルな欧米や日本に襲いかかっている状態であるといえる。イスラムはかつては先進地域であった。数学、医学、化学、哲学、建築等何もかも、他地域を圧倒していた。イスラム帝国、特にアッバース朝が世界史の基盤を築いたのである。またロシアは広義のイスラムであり広義のモンゴルである。当記事ではイスラム、中華帝国、ロシアを伝統世界と呼んでおく。

欧米や、欧米に学んだ日本の政治システムは圧倒的な国力と人種差別を前提としており、グローバルな時代になるとその欠点が露呈する状況となっている。

地方分権というのは、鎖国しない限り正常に機能しないのではないのか。日本も江戸時代は幕末の混乱期を除き、幕藩体制がうまく機能していた。外国の干渉が無かったからである。地方分権とは恐ろしいシステムである。中央政府の支配が及ばない分だけ、外国が地方分権を隠れ蓑にしてその国を支配する可能性がある。

若いころから三権分立はいいことであると刷り込まれているが、司法を外国が支配したら、行政立法を支配することも可能である。異常判決が乱発されても三権分立である以上、行政立法は手が出ない。畢竟(ひっきょう)鎖国しないと三権分立も正常に機能しないのではないのか。

選挙制度はいいことだと、子供のころから刷り込まれているが、帰化人に簡単に選挙権を与えると、本国と連絡を取り合い、その国を支配することも可能になるのではないのか。選挙権というものは、本人は当然として、お父さんも、おじいちゃんも、ひいおじいちゃんもその国に貢献していなければ与えてはいけないものである。

我々は、先進国とは誉め殺し用語であり、三権分立、選挙制度、地方分権は欠点が多い制度だということを知らなければならない。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。