生物の進化を考えると中央集権が正しい

2015.09.23.Wed.00:43
最古の動物は単細胞生物で、次いで細胞同士がくっついて多細胞生物が生まれ、細胞同士の情報伝達システムが発達し、多細胞生物が神経を持ち始め、神経が集まった部分が神経節となり反射運動をするようになり、神経節が大きくなって脳となり、脳がどんどん発達して人類が誕生した。人類の歴史を見ても小規模集落が大規模集落となり、やがて都市国家となり、そして地域勢力が争う分権国家から中央集権国家が生まれた。

日本では特に1990年代後半以降、地方分権化が進められているが、進化に逆行しており良くない。分権した分だけ敵に付け込まれる。地方自治は英国・米国の制限列挙方式も、ヨーロッパ大陸の包括授権方式もどちらも良くない。中央政府が支配しない分だけ敵性外国が支配することになる。"欧米・日本は先進国"というのは敵性国家のほめ殺しである。

今の日本は、外国から見ると、知事が外交?をしたり、国防に口をはさんだりしており、日本政府に直接的な働きかけが駄目な場合でも、地方から日本攻略が可能な状態となっている。

なんで素人が無い頭で政治ごっこをするのか。古くは神戸市が核兵器の港への持ち込みを拒否したり、沖縄知事が米軍基地用地の代理署名を拒否したりして中央政府を混乱させた。現在沖縄は日本政府が支配していない分だけ敵性国家が支配している。
札幌市も道新読んでます程度の貧しい情報で、従軍慰安婦への謝罪と賠償を求める意見書を1992年、2008年、2012年の3回可決しており、その後取り消すわけでもなく、ノー天気にオリンピック招致なんかしている。

地方分権の強化など愚の骨頂である。明治政府を幕藩体制に戻すようなものである。神経節をたくさん作ってもしょうがない。賢い脳を一つ作るのである。日本の進むべき道は、地方分権の強化ではなく地方自治権を縮小することであり、動物の進化と同様、中央集権を完成させることである。
コメント

管理者にだけ表示を許可する