スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日マスコミの主張とデモの主張が一致する現象

2015.07.24.Fri.23:19
昔札幌の中島公園でNHKの偏向報道に対する抗議集会(というか単なる集まり)を見たことがある。喋っている人もぜんぜん慣れていないし、集まった人もてんでばらばらで、デモの体をなしていなかった。
しかし、抗議集会参加者がNHKの反日偏向報道にどれだけ怒っているか気持ちは伝わった。マスコミが報道しない真実のデモである。

一方、街を練り歩く戦争反対、原発反対デモは、参加者も慣れているようで、実に統制がとれている。掛け声を出す人の声は、独特のサヨク声で、遠くにいる人の耳の中にまでいやらしく入り込む訓練された波長の声である。デモ主催者が用意したのであろうゼッケン、プラカード、横断幕、シュプレヒコールは戦争反対だが、その行動はどこか威圧的で、戦闘的である。

知り合いの北教組の人に聞いたら、あれはもちろん北教組も参加していて、最初から最後まで参加してたらしんどいから、3交代制でやっているそうだ。デモ担当になると強制的に参加させられるのでヤダといっていた。ちなみに北教組の三大イベントは、矢臼別(やうすべつ)演習場反対、幌延(ほろのべ)深地層研究反対、道庁取り囲みだそうだ。

反日マスコミに守られているという自信がデモを生む、そのデモを反日マスコミが支持する。反日マスコミ抗議デモはニュースにならない。
この悪循環を断ち切るには、覚醒している一人一人が反日マスコミにドギツイ人間にならなければならない。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。