スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなる素人の政治ごっこが始まる

2015.03.29.Sun.15:04
2015年統一地方選挙が各々告示され始めたが、地方自治はもはや素人の政治ごっこの場と化している感がある。

札幌市は、従軍慰安婦への謝罪と賠償を求める意見書を1992年、2008年、2012年の3回可決している都市である。札幌の低能市議連中は、従軍慰安婦に謝罪と賠償をしない日本を叱り、朝鮮人に勇気ある可決とほめられ、俺たちはいいことした、と魂の高揚を感じているのだろうが、この可決は、将来日本の女性や子供を外国に売り飛ばしてもいい理由となりかねない、とんでもない禍根を残している。

太古の生物は単細胞で、次いで多細胞生物が生まれ、ばらばらに動いていた多細胞生物が神経を持ち始め、そして神経が集まった部分が神経節となり反射運動をするようになり、神経節が大きくなって脳となり、脳がどんどん発達して人類が誕生した。

人類の歴史を見ても小規模集落が大規模集落となり、やがて都市国家となり、そして地域勢力が争う分権国家から中央集権国家が生まれた。中央集権に成功した国が今生き残っているのです。薩摩長州がイギリスと組んで、幕府がフランスと組んでいるようでは話にならんのです。

知事が外交をしたり、国防に口をはさんだり、外国から日本を見ると、日本政府に直接的な働きかけが駄目な場合でも、地方から日本攻略が可能な状態となっている。

日本の進むべき道は地方分権の強化ではなく、動物の進化と同様、中央集権の完成である。

参考過去記事「日本を誹謗する札幌市にオリンピック開催はふさわしくない」(2014年11月28日)
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。