道新首相クリミアに行く

2015.03.11.Wed.18:46
私は東日本大震災の時、菅直人総理で良かったと思っている。

現実的な観点から考えると東日本大震災の時に総理大臣をしている可能性があったのは、菅直人のほか、鳩山由紀夫(鳩山内閣が続いていた場合)、小沢一郎(2010年の民主党代表選で勝った場合)の3人である。

昔、外国で(イギリスだったと思う)ゲテモノ食いコンテストがあった。2位の人は他人のうんこを食べた人で、1位の人は2位の人が吐いたうんこを食べた人だったという。

菅、鳩山、小沢のなかで一番マシなのは、情けなくなるくらい低レベルな話だが、菅直人氏である。他の2人だったら中国軍による友愛支援を受け入れるとか言って東北地方を占領(左翼風に言うと解放)させていたかもしれない。そういえばアメリカ軍の空母が震災支援に来るのが異常に早かったが、民主党政権が混乱に乗じて何をしでかすかわからんのを恐れたのではないか。

鳩山氏は選挙区(北海道第9区、旧4区)の関係もあり、北海道新聞(道新)を愛読していたようだ。道新も鳩山氏を支援しており、「鳩山由紀夫事典―道新記者が徹底解剖」なんていう本もある。(怖いもの見たさで読んでみたい人もいるでしょうが、間違っても新品を買ってはいけません。道新に1円も払ってはいけません。)

北海道には道新の影響を受けている人が多い。沖縄の人のように行動には訴えないが、静かなるサヨク感情を持っている。先日生まれも育ちも北海道という人と食事をしたが、本音トークになったら「日本がアメリカと組むっていうなら、北海道は中国と組むっていう手もあるんですよ」と言っていた。

鳩山氏のとてつもない思考回路の源流は北海道新聞にある。首相在職期間中は言動がブレるとも言われたが、その根幹部分はブレていない。北海道新聞と同じでひたすら日本破壊である。道新を読むとどんな人になるのかという見本が鳩山氏なのである。
コメント

管理者にだけ表示を許可する