FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

導引術考2

2018.08.08.Wed.20:44
導引術考2
「早島氏は自ら進んで癌になったのか」


早島正雄氏の著作には、導引術の威力を試すために、自ら進んで癌になって、導引術で治したというエピソードが良く出てくる。

「私は自ら胃癌をつくり、導引で治したことがあるが、そのときの反応は口から粘っこい液体を吐き続けるようなものであった」
(「続 人間は病気では死なない」 東京スポーツ新聞 P100、1974年2月)

「あるとき私は自分でガンをつくった。どうやったかといえば、二十一日の断食を二回繰り返し、その間にタバコをスパスパ吸ったのである。」
(「導引術」徳間書店 P114、1974年7月)

「あるとき、私は導引術の力をとことんまで自分でためしてみたくなった。そのためには、死んでもかまわないような気になった。そのころ、新聞や週刊誌でタバコが肺ガンの原因だと書き立てていた。ガンは手術が遅れると悪化して死ぬしかない不治の病とされている。(中略)実験するにはよほどのことをしないと、効果が無い。そこで、私は断食しながらタバコを吸い続けることにした。」
(「導引術秘伝サケ風呂建康法」ABC出版 P168、1984年2月)

しかし、初期の著作である「容姿端麗入門」(アロー出版、1973年7月)には以下の記述がある。
「断食をしている間にタバコを吸ったためガンにかかり、その時、頭の毛もすっかり真っ白になってしまったという経験を私はもっている。」(P26)

この文章からは、自ら進んで癌になったというニュアンスは感じられない。断食中にも関わらず、タバコを吸っていたら、癌になっちゃった、である。

真相はどうなのであろうか。私の推理はこうである。早島氏は、体調が悪かったので、断食で治そうとしたのではないのか(ただしタバコは止めない)。でも改善しなかったので、病院で検査したところ、胃癌だったのであろう。ただし、胃癌の診断を下した病院名は、「導引術」(徳間書店 1974年)によると、群馬県伊勢崎市の「伊勢崎病院」で、「導引術秘伝サケ風呂建康法」(ABC出版 1984年)では、群馬県太田市の「太田病院」となっており、早島氏の胃癌になったという証言がどこまで信用できるのかという疑問は残る。それから真剣に導引術をした結果、相当の期間、全快状態だったのではないのだろうか。

早島氏の初期から中期までの著作を読むと、自分の基本設定が完成するまでの過程が読み取れるのである。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。