FC2ブログ

低能者の過去発言6

2018.03.27.Tue.22:49
(北朝鮮の1970年代前半の)工業総生産額は年17%の伸びで、60年代の伸び率12.7%を大きく上回っている。~また社会主義経済管理組織が安定し、経済規模が拡大しても発展速度は低下しないとする金日成理論が受け入れられ、再び千里馬精神の下に保守主義を打ち破る三大革命(思想・技術・文化)が展開されたことが重要である。 西川潤(にしかわ じゅん)1976年2月号「世界(北朝鮮の経済発展)」より


あの国(北朝鮮)では根本的に知育、体育、徳育の三つを強調する。その根本になっているのは人間の尊重だ。そして社会主義、共産主義の思想を子供のころから本当にあらゆる形で討論したり、議論したりしている。 岩井章(いわい あきら)1972年12月号「世界(日朝交流への課題)」より


彼ら(北朝鮮人民)の暮らしにはあの悪夢のごとき税金というものがまるっきりない。これは社会主義国を含めて世界のほかの国にはまだどこにも見られないことなので特筆大書しておきたいが、そんなことを言えば、人々の暮らしの基本である食糧について北朝鮮がほとんど完全に自給できる国であることも述べておかねばならないだろう。 小田実(おだ まこと)1977年8月「私と朝鮮」より


ベトナム革命の革命的波及力という<革命的ドミノ理論>に、私たち自身が立つべきなのです。一般的に言えば、平和であろうと戦争であろうと「革命」は正しいことであり、戦争であろうと平和であろうと「反革命」は正しくないことであるという~私たちの主体的価値を導入すべきなのです。 いいだもも 1969年1月号「世界(現実主義の幻想性とユートピアの現実性)」より


侵略戦争に反対するということは、またみずから侵略戦争を仕掛けるものではないことも意味しなければなるまい。ベトナム民主共和国の場合には、ついてにいうなら中華人民共和国の場合にも、侵略戦争はやらない国内体制になっている。つまり、正義の立場に立ち、歴史の法則にかなった生き方をしているといいかえてもよいであろう。 松岡洋子(まつおか ようこ)1972年7月号「潮(北ベトナム民衆はなぜ強いか)」より


参考文献「悪魔祓いの戦後史」(稲垣武著、 文藝春秋1994)
コメント

管理者にだけ表示を許可する