スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先見力はどこから生まれてくるのか

2014.09.06.Sat.12:46
「知能指数」と「創造力」は相関関係が低い。
知能は記憶再生能力(記憶量)に依存し、想像力は拡散的思考(連想力)に依存する。知能は単純な問題解決に集中する際に威力を発揮し、想像力は思考を飛躍発展させるときに威力を発揮する。

更に「先見力」は「知能指数」とも「創造力」とも相関関係が低い。
私の考える先見力とは、政治問題、国際問題を、大局的に、過去から未来へと俯瞰(ふかん)できる能力である。
先見力はどこから生まれてくるのだろうか。天性のものなのだろうか。

「悪魔祓いの戦後史―進歩的文化人の言論と責任」(稲垣武著、文藝春秋 1994年)は、驚異的に先見力の無い人たち(進歩的文化人)の思想を検証、論考した本である。

ソ連へのユートピア信仰、地上の楽園北朝鮮、毛沢東賛歌、文革賛美など、彼らの現状認識や未来予想は片っ端から間違っていたが、未だに彼らの系譜に連なる人たちが、同様の間違いを繰り返し続けている。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。