FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者の自民党支持を考える

2017.12.13.Wed.22:24
昔、北海道出身の中島某という女性歌手が、ラジオの深夜放送で、私は選挙に行ったことがないと言っていた。もう40年近く前の話であり、その後から現在に至るまでの投票行動は不明だが、その選挙に行かないという気持ちは理解できる。

反日サヨク色の極めて強い北海道新聞は、自民党を罵倒し、社会党や共産党への投票を勧める。しかし、本当に社会党や共産党に投票していいのだろうか、日本にプラスになるのだろうか、日米安保で日本は戦争に巻き込まれるというけれど、本当にソ連は平和国家なのだろうか。中島某は頭がいいので、北海道新聞に書いてあることに疑問に感じたのである。

最近の若者は、昔の人と違って情報源が豊富であり、テレビや新聞を無条件には信用しない。

学校教育も中学校まではきっちりとカリキュラムに沿うので、極端なことを言う教員は少ないように思う。ところが、高校、大学と上にくるにつれて、特に文系の大学では、三流政治談議やショボい自説を展開する人が増えてくる。カリキュラムに沿っていれば、見識の低さがばれないのに、フリートークになると低能ぶりを露呈してしまう。

低能サヨク教員のショボい講義聞いて、その教員が無い頭で、陰に日向に共産党や民進党への投票をお勧めしたら、優秀な学生は自民党に投票したくもなるだろう。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。