公共電波の不法占有

2017.10.15.Sun.22:16
TBS「サンデーモーニング」で野党に投票促すかのような発言
(2017.10.15 15:27 産経ニュース)
・出演した東京大学名誉教授の姜尚中氏は「見所は選挙の中で野党のビッグバンが起きるかどうか。選挙後にどこが主導権を握るのか。投票先を決めてない54・4%の人は選挙に行かなければいけない。そして次回に何をするか賭けてみることが必要」とコメント。
・同番組に出演した評論家の大宅映子さんも「民進党が小池百合子に合流したことで野党結集し日本の分岐点になると思ったが尻つぼみした。投票先を決めてない54・4%に期待してる。貧しい選択であろうと行かないと白紙委任になってしまうわけですから。是非とも行ってください」と発言した。



中川八洋氏によると、姜尚中という人は、学問業績ゼロの文筆家に過ぎないが、共産党系朝鮮人である理由で東大教授になったのだという。
本来公共の電波というのは、道路や公園、図書館などと同様の公共物である。一部の人が公園を占拠して普通の日本人を立ち入り禁止したらそれは異常であろう。
公共物である公共の電波は、全日本人が公平に持ち回る制度にしなければならない。



暴行被害訴える28歳女性が手記出版 詩織さん、姓も公表
(2017.10.13 22:53 産経ニュース)
・詩織さんは2015年、元TBS記者の男性から性的暴行を受けたとして準強姦容疑で警視庁に被害届を提出。しかし東京地検は昨年7月に嫌疑不十分で不起訴とした。詩織さんはこの処分を不服として検察審査会に審査を申し立てたが、今年9月21日付で「不起訴相当」との議決を受けた。


流れとしては、この女性は準強姦容疑で警視庁に被害届を提出したが、嫌疑不十分で不起訴になった。この処分を不服として検察審査会に審査を申し立てたが、不起訴相当との議決を受けた。
この暴行したとされる元TBS記者の実名を、安倍首相と親しい?というだけの理由で、巨大マスコミが晒すなど、重大な人権侵害なのではないのか。
しかもこの女性は「共謀罪の審議止めろ」など事件とは関係ないことも主張し、支援者が、辛淑玉だの元SEALDsだの怪しさ満天の人である。
こんなことが許されるのなら、北海道新聞セクハラ死亡事件の犯人記者の実名も当然公表すべきである。
コメント

管理者にだけ表示を許可する