スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年続くイベント

2014.08.22.Fri.19:20
群馬県草津は温泉保養地、スキーリゾートとして有名であるが、1978年ころ、群馬県から、草津を群馬交響楽団の練習場所にしたい、という申し出があったこともあり、高級スキーリゾート地で音楽祭も開催しているアスペンなどを参考に1980年から「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバル」が始まった。

当時の町長、萩原亮氏は「アスペンにいる音楽家から『こうした催しはだいたい1~2年で消えてしまう。やるなら10年頑張って下さい。10年頑張れば何とか定着しますよ。自信がないなら最初から止めた方がいい』と言われて発奮した」という。(「観光まちづくり」学芸出版社2009年 参照)

今札幌で行われている「札幌国際芸術祭 2014」は10年続くイベントになるのだろうか。芸術というジャンルは幅が広いので、上手にやれば10年以上は続くと思うが。
「札幌国際芸術祭の基本構想」によると「平成26年度に札幌国際芸術祭を初開催する。以後、3年ごとの定期的な開催を目途とする。」となっており、今後は3年に一度開催されるようである。

個人的には、サヨクで反原発の坂本龍一がゲストディレククターという段階で、見る気がしないし、こんなものに絶対金は払わない。

草津夏期国際音楽アカデミーは2014年に第35回目の夏を迎えている。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。