FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

導引術考

2018.04.30.Mon.16:47
私が導引術というものを知ったのは、今から35年位前に「慢性病が治る 導引術入門」(早島正雄著、ごま書房1981)という本を読んだ時である。

(参考過去ブログ)「導引術 2014-06-29」

その後、新聞の折り込みチラシか雑誌の広告欄で知った導引術教室で、日本道観の指導員の資格を持っているという人から、日本道観本部では10万円で教えているという基本行法を、3000円で教えてもらった。その人に早島氏のことを聞いたら、本に書いてあるような人ではない、何を教えてもらうにも金がかかる、私は指導員の資格やら合気術やらで○○○万円くらい払った、ただし導引術自体は本物だと思う、と言っていたと記憶する。その後導引術に対する関心は薄れたが、自分の老化の進行とともに導引術に対する興味が戻り、現在少しずつ導引術も含み、本のみで養生法の研究をしている。

早島正雄とはどのような人だったのだろうか。

国会図書館の著者資料によると、生没年は1911年~1999年である。日本道観のホームページでは、どういうわけかページによって生年月日が異なり、1910年(明治43年)3月3日生まれとも、1911年(明治44年)3月3日生まれとも書いている。没年月は1999年(平成11年)6月没で一致している。「不死鳥(大高坂家の人びと)」(川村晃著、 日本道観出版局1989)によると、早島氏は明治44年(1914年、原文ママ)生まれとなっている。

これらのことを総合すると、早島氏は、1911年(明治44年)3月3日生まれで、1999年(平成11年)6月に88歳でお亡くなりになったというのが真相であろう。長生きの部類に入るが、飛び抜けて長寿という訳ではない。

日本道観は、早島氏を早島天來と号しているが、本名は早島正男であろう。松田敏美より受けた大東流合気柔術の代理教授の証書に「早島正男」とあるのが、月刊秘伝2007年11月号で確認できる。

早島氏の導引術は、小野田大蔵という人が仙道連の門外不出の禁を犯して発行したという仙道本のなかの導引に非常によく似ている。早島氏の初作は「大東流で世界にゆこう」(松武館本部1973、未読)か「容姿端麗入門」(アロー出版1973)のどちらかで、いずれにせよ初版は1973年である。小野田氏の初作は「現代に生きる仙道 : 不老不死への道」(白揚社1968)で早島氏の初作よりも5年早い。

早島氏はかなりの東洋医学の研究家である。「東洋医学通史」(石原保秀著、早島正雄編、自然社1979)及び「諸病源候論」(巣元方著、早島正雄訳、日本道観出版局1982)は大変な労作である。

早島氏は、自分の生い立ちの話が本により微妙に違っていたり、お金に対する執着心が強いなど、一抹のうさん臭さがあることは否めないものの、導引術を分かり易く世に広めた功績自体は大であると言わざるを得ない。
スポンサーサイト

小麦は食べない

2018.04.26.Thu.22:36
昔のアメリカ人は体重が100kgを超える人は稀で、ほとんどの人はやせており、太りすぎの子供などまずいなかったという。ところが今では、100kg超の人は当たり前にいて、老年、中年、若者、ティーンエージャー、さらに子供たちでさえ太りすぎか肥満だという。アメリカ農務省や公衆衛生局によると、炭酸飲料水の飲みすぎ、ポテトチップスの食べ過ぎ、ビールの飲みすぎ、運動不足、などが肥満の理由である。しかし実際は太っているの大半は、毎日ジョギングしたり、脂肪摂取量を減らしたり、健康に注意している人達なのである。

こんなに健康に注意しているのになぜ肥満になるのか。その原因は、後記参考文献によると、現代の小麦にあるのだという。

現代の小麦は、品種改良により昔の小麦とは違う食べ物になっている。遺伝子操作により、目的の遺伝子を挿入したり除去したりして、病害抵抗力、殺虫剤抵抗力、冷害や日照りの耐性といった遺伝子が決定する性質を持つ品種を大量に作った。古代の小麦と現代の小麦とでは体の反応に大きな違いがある。

豆類のアミロペクチンはアミロペクチンCと呼ばれ、最も消化されにくい種類のものである。アミロペクチンBはバナナやジャガイモに含まれるもので、アミロペクチンCよりは消化されやすいもののある程度消化されにくい構造である。

最も消化されやすい構造のアミロペクチンは、小麦に含まれているアミロペクチンAである。アミロペクチンAは複合か単純かにかかわらず、非常に消化されやすい炭水化物であるため、スーパー糖質であると考えられる。血糖インデックス(GI)は、精白パンが69、全粒粉パンが72、砂糖は59。小麦は砂糖よりも急激に血糖値を上げるのである。小麦摂取後に血糖値とインスリン量が急上昇すると、血糖値のピークハイ状態からロー状態になり、満腹状態と空腹状態がジェットコースターのように入れ替わる。つまり小麦は事実上の食欲促進剤であり、小麦を食べるとお腹が空くのである。

たった一つのクッキー、クラッカー、プレッツェルが命取りとなる。我慢の限界を超えて食欲の大洪水が襲ってくる。日本には普通にコメがあるので、小麦断ちをしやすい環境にある。私は約4ヶ月前から小麦断ちを初めて、3ヶ月で約5kgやせた。最近1ヶ月は横ばいである。

肥満でお悩みの方は、小麦カットを2~3週間くらい実行してみたらいいと思う。効果が確認できれば続ければよいし、効果が実感できなければ、縁がなかったということで中止したらよい。


参考文献「小麦は食べるな! 」(ウイリアム・デイビス著、白澤卓二訳、 日本文芸社2013)

傑作度の高い低能者

2018.04.21.Sat.18:01
丸山眞男(まるやま まさお)というのは傑作度の高い低能者である。

丸山眞男の「現代政治の思想と行動(1964年)」によると、日本の中間階級(あるいは小市民階級)は2つの類型に区別されるのだという。

第1の類型に属するのは、小工場主、町工場の親方、土建請負業者、小売商店の店主、大工棟梁、小地主、自作農の上層、学校教員(小学校、青年学校の教員)、村役場の吏員・役員、その他一般の下級官吏、僧侶、神官、というような社会層。

第2の類型に属するのは、都市におけるサラリーマン階級いわゆる文化人・ジャーナリスト、その他教授、弁護士などの自由知識職業者。

そして学生層はピンからキリまであり、第1類型と第2類型に分けられるが、東大生はまず第2類型に入るのだという。

日本の場合、ファシズムの社会的基盤となっているのは第1の類型であり、第2の類型を本来のインテリゲンチャというならば、第1の類型は疑似インテリゲンチャないしは亜インテリゲンチャとでも呼ばれるべきもので、国民の声を作るのは、この亜インテリ階級なのだという。

その後、東大安田講堂事件(1969年)の時に、丸山教授の法学研究室は滅茶苦茶に荒らされ、丸山は本来のインテリゲンチャである東大生たちによって首根っこをつかまれて引き回された。20年間この世で一番悪いのはファッショと軍部だと言い続けてきた丸山教授は「ファッショや軍部よりも悪い奴がいた」と激怒して、一転して機動隊導入賛成の急先鋒になったという。

更に丸山眞男の二人の令息が入学したのは、丸山がピンからキリまでと評した、そのピンに属する大学ではなかったのである。


参考文献「悪魔の思想」(谷沢永一著、 クレスト社1996)

低能者の過去発言7

2018.04.09.Mon.21:28
日本の現状においては、何よりもまず、来るべきものの歴史的必然性を最もよく見通し、その学問的見通しに立って、革命を恐怖するのではなくして、それを鼓舞するものでなくてはならぬ。その最も徹底した、もっとも正しいものは何か。革命の火の中から生まれ、その歴史解釈、歴史的見通しの正しさが、すでに革命の試練に耐え、最近百年の世界史の発展そのものによって立証されている、革命的プロレタリアートの歴史理論に基づくものであろう。 井上清(いのうえ きよし)1946年8月号「世界(歴史教育について)」より


全共闘の運動が最終的には自らを何と規定して国家権力への武力対決に進んだのか、それは必ずしも十分に明確ではない。だが昨年(昭和43年)12月末、大学当局と全共闘が最終的に決裂した際、全共闘が東大闘争に則して主張したことには正当性があったことを私は認める。 和田春樹(わだ はるき)1969年「東大闘争・教官の発言」より


安田講堂をめぐる戦い(東大安田講堂事件)の中で、学生たちが用いた様々な手段は決して暴力ではなく、抵抗権の自然な発現である。 小田実(おだ まこと)1969年3月号「世界(自分に立ちかえる)」より


第二次大戦の間にできた勢力圏の協定に対して、最初挑戦のイニシアティヴをとったのは西欧側だったということは、否定できないのではないかと思います。 丸山眞男(まるやま まさお)1953年5月号「世界(恐怖から共存へ)」より


参考文献「悪魔祓いの戦後史」(稲垣武著、 文藝春秋1994)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。