頭の良しあしの判断基準

2017.09.18.Mon.20:33
南京大虐殺が本当だと思うか、嘘だと知っているかで、その人の頭の良しあしが分かる。私は渡部昇一先生などの本から南京大虐殺がありえないことを約35年前から知っている。あれは通州事件などの支那人の嗜虐性を日本人に仮託したものであり、また東京大虐殺(東京大空襲)や原爆の民間人被害があまりにも多かったことから、アメリカがそれを相殺しようとでっち上げた事件である。

原発推進派か反原発派かで頭の良しあしがわかる。日本は資源小国で、発電手段のえり好みなどしていられない。日本の原発より、ソ連・ロシアが日本海に放射性物質を海洋投棄している方がはるかに危険なのだが、反原発派はまったく無抗議である。科学の知識がポッカリと欠けている人、日本に核技術を持たせたくない人が原発に反対しているのである。

もう一つは、日本は核武装すべきかどうかで、その人の頭の良しあしがわかる。
今から35年くらい前、私が高校生だった時に、サヨクの国語の先生が、「日本も核武装したほうがいいと思う人、手を挙げろ」と言うので私は手を挙げた。42人のクラスのうち、4~5人手を挙げたと思う。

先生が私にその理由を聞いてきたので、私は「世界に核武装国家が多数存在する以上は、日本も核武装すべきで、核廃絶はまず核保有国に言うべき。」と答えた。今ならもっといい答えができるが、まだ高校生でボキャブラリーが足らず、うまく説明しきれなかったのが残念であったが、先生にはっきりと言ったという実績が私の中に残った。そして未だに日本人の大半は、高校生の私に思慮が及ばない状態である。

私は、保守に覚醒しました、などど言われると複雑な気分になる。サヨクのままでいるより、保守に覚醒した方がいいので、そのこと自体はいいいことである。

でも覚醒前は日本を誹謗していたのだろうか。それならばその部分は罪だ。積極的に誹謗していなくても、無知は罪だ。まず初めにやらなければならないことは、覚醒前の自分の愚かさを猛省することである。

私は初めから覚醒している。先見力とは畢竟嘘見抜き力である。気づくだけではダメで、気づきのスピードが重要である。