沖縄の次は北海道が危ない

2015.06.27.Sat.01:35
前にも書いたが、北海道と沖縄には共通点がある。日本のクオリティぺーパーである産経新聞が無い。日本三大極左新聞(北海道新聞、琉球新報、沖縄タイムス)が存在する。そして日本三大極左新聞が、地域の巨大な(人ではないが)オピニオンリーダーになっている。

北海道の人と話をすると、知能は正常の範囲にある人が多い。しかし幼少から北海道新聞(道新)を読んでいるせいか、知識の間口が狭く、思考が偏っている人が多い。道新を読んで国際情勢やら世の中のことをわかったつもりになっているのだから恐ろしい。北海道は理系の研究者層を除き、真の知識層は薄い。

反日プロパガンダが効いているせいか、朝鮮人支那人の強制連行話を事実として認識している人が多い。私は見たことがないが、北海道には朝鮮人支那人の強制連行記念碑が多数建っているらしい。的場光昭先生(この人は立派な人だ)が真実を暴いても、オピニオンリーダーである道新が認めない限り、道民も認めない。

朝日新聞がかつて架空の人物や故人に南京大虐殺の証言をさせていたことは、マスコミ問題に興味がある人なら知っている人も多いだろうが、北海道新聞はいまだに同じようなことをやっている。中国帰還者連絡会(中帰連)の支那帰還兵の懺悔話が数年前まで記事になっていた。

地方紙の偏向問題は、なかなかやっかいである。
1.それなりに権威がある。
2.地方の情報をたくさん持っている。
3.簡単に読める。

1~3で引き付けておいて、
4.反日プロパガンダを混ぜるのである。

長年の左翼ウオッチャー?の私にはわかるのだが、三大極左新聞の意図は、中国に日本を開放してもらおう、その暁には自分たちは優遇される、というところにある。

沖縄の次は北海道が危険である。ひょっとしたら沖縄に注意を引き付けておいて、北海道を攻める作戦かもしれない。

18歳選挙権

2015.06.18.Thu.22:48
今から30数年前、私が高校生だった時に、サヨクの国語の先生が、「日本も核武装したほうがいいと思う人、手を挙げろ」と言うので私は手を挙げた。42人のクラスで、4~5人手を挙げたと思う。自衛隊なんかいらない、という奴も1人いたが。

先生がその理由を聞いてきたので、私は「核武装国家が多数存在する以上は、日本も核武装すべきで、核廃絶は核保有国に言うべき。」と答えた。
今ならもっといい答えができるが、高校生なのでボキャブラリーが足らず、うまく説明しきれなかったのが残念であったが、先生にはっきりと言ったという実績が私の中に残った。
そして未だに日本人の大半は、高校生の私に思慮が及ばない状態である。

選挙権の年齢が下がることによって、高校での政治談義が活発になるだろう。
先生が民主党や共産党をお勧めしても、頭のいい高校生は真実に気が付く、と思いたい。

国防は観光に優先する

2015.06.17.Wed.22:58
かねがね凄いと思っているブログの一つに黒木頼景氏の無敵の太陽がある。黒木頼景氏はかなりの博学である。特にユダヤ人論は俊逸である。勉強させてもらっている。こんな人が潜んでいるなんて日本も捨てたものではないと思う。

いま日本は観光立国という間違った思想に憑りつかれている。

外国人観光客は、本来日本に存在しない生き物である。日本にない病気を持って来たり、中には日本の文化物を破壊していったり盗んでいったりする者もいる。観光客を装ったテロリストが来るかもしれない。既にテロの下見をしているかもしれない。

去年ある勉強会での自己紹介で、富良野で中国人観光客に車をぶつけられたという人がいた。完全に向こうが悪いのに集団で中国語でさんざん文句を言われたそうだ。外国人観光客は定番コースを回っているだけではない。レンタカーでどこにでも出没する。

よく都市再開発とかまちづくり系の仕事をしている人が、人口減少の時代に対処するために交流人口を増やそう、みたいなことを言う。公明党が牛耳る国土交通省の試算によると、定住人口1人の年間消費額の減少分は、外国人観光客7人か、国内宿泊客22人か、国内日帰り客77人が訪れることにより、カバーできるのだという。(「観光まちづくり」学芸出版社2009年 参照)

なんでそんなに頑張らなくてはならないのか。人口減に対応した社会を目指すのは良いが、無理に外国人観光客を連れてくる必要はない。特に敵性外国人観光客を増やすのは危険だ。国防は観光に優先する。観光業に頼る日本になってはいけないのです。

(参考過去ブログ)
「移民は民族の生態系を破壊する 2015-01-12」

YOSAKOIソーランに韓国チームが初参加

2015.06.14.Sun.14:12
今年のYOSAKOIソーランに、韓国チームが初参加している。
YOSAKOIソーラン祭り公式サイト
(魚拓)

ネット上のニュースでは確認できないが、某市議のfacebookによると、韓国チームの歓迎会が実行委員会主催で行われたようである。

MERSの感染が拡大している最中に、韓国チームとその関係者、応援団を札幌に入れるなんて、おかしいんじゃないのか。伝染病が持ち込まれる可能性がある。

朝鮮に行かないのは当然として、朝鮮人を日本に入れない方がもっと大事である。
感染地に行く場合はそれなりに防備して行くが、感染者が来たら普通に生活していたら防げない。

韓国チームの参加は拒否すべきであった。

日本のクオリティペーパー産経新聞

2015.06.13.Sat.16:53
北海道の人達にはあまり知られていないが、北朝鮮に拉致された人が一番多い都道府県は北海道である。横田めぐみさんの父親の横田滋さんは、札幌南高校出身であり、本来北海道は、北朝鮮の日本人拉致問題に対して最も関心が高い都道府県であるはずである。

しかし地元新聞である北海道新聞は、北朝鮮の拉致被害者に冷淡である。他の全国紙や雑誌が報道し、もはや隠しきれない状況になると、北海道新聞が小さく報道する。

深層心理を分析するに、北海道新聞は、北朝鮮の犯罪と、かつての北朝鮮美化・擁護の論陣を隠す目的で、朝鮮人強制連行の嘘をよく報道する。
道外のまともな人たちは、にわかに信じられないと思うが、北海道には、北海道新聞の影響で朝鮮人強制連行の嘘を事実として固く信じ込んでいる人が多い。

北海道・帯広の蘇武さん、可能性排除できない不明者に 特定失踪者問題調査会
(魚拓)

昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく1
(魚拓)

昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく2
(魚拓)

昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく3
(魚拓)

昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく4
(魚拓)

1980年代、北朝鮮の拉致問題をまともに取り上げていたのは、産経新聞だけである。ベタ記事で小さく扱った新聞は数社あるらしいが。

私は20代の頃から朝日新聞問題を中心としたマスコミ問題に興味があり、産経新聞にも問題点があることも知っており、産経新聞に書いていることが全部正しいとは思わない。だが他の新聞は論外的にレベルが低く、中には意図的な誤報も見られ、ある程度まとまった部数を持つまともな新聞は、産経新聞を除いて日本には存在しない。年配者を中心にネットで情報収集をしない人もまだまだ多いため、将来的にはともかく、現況では紙のまともな新聞が必要である。

今は真の有識者が産経新聞に対してより良い新聞になるように叱咤激励する方が戦略的だと思うのだが。

(参考過去ブログ)
「朝日新聞の誤報のベクトルはすべて反日 2014-09-13」
「北海道には産経新聞が必要 2014-12-11」

池上彰という人

2015.06.06.Sat.23:35
私は見たことがないが、池上彰という人がテレビでよくニュース解説をしているのだという。もともとNHKの人で、子供向けのニュース解説がわかりやすいと評判になり、他のテレビ局にも出るようになったらしい。テレビによく出るというのは、テレビ局にとって都合が良い人であることを意味する。

ネットで調べてみると、NHK時代に子供ニュースで朝鮮人強制連行の嘘を教えていたそうだ。民放でも住宅地の中に普天間基地を作っただの、東日本大震災の時に真っ先に日本へ駆け付けたのは韓国の救助隊だの、反日反米親中親韓ベクトルの嘘を言うらしい。

本屋に行くとおびただしい量の本が置いてある。近年出している本を見ると、本によって文体が異なっており、全部自分で書いているとは思えないが、兎にも角にも池上彰名義で多数の本を出版しており、その文章を見る限り、見識は無いが、知能は正常の範囲にあると思う。

日本人で正常な知能の持ち主であれば、嘘を言うことに対して抵抗があると思う。

文章にはその人の人柄が現れる。私は、池上さんという人は、戦後教育の影響を受け、それを疑う能力が無いというだけではなく、朝鮮人か支那人かマスコミ関係者に、何か弱みを握られているような気がする。例えば、それをばらされたら、単なるエロ親父に成り下がり、名声が地に落ちるような弱みを握られているのではないだろうか。

西洋音楽の普遍性

2015.06.02.Tue.23:15
今の自分は音楽から程遠い人になってしまったが、子供の頃は楽器を習っていた。歌にはあまり興味がなく、楽器に興味があった。千葉市の某小学校の伝説の?吹奏楽部に在籍していたこともある。早朝、放課後、休日と小学校の部活とは思えない厳しい練習だった。自分の結婚式で「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」を弾いたこともある。

クラシックにせよ、ポピュラーにせよ、文化の流れとしては、音楽はヨーロッパ(+アメリカ)からその他の地域へ一方通行状態である。なぜかというと、西洋音楽には多くの人類が楽しめる普遍性があるからである。

音楽がその最たるものであるが、西洋人の考えることには普遍性があるものが多い。この西洋人の普遍性が、今あだになっている。ヨーロッパの移民による混乱の根底にあるものは、西洋人の有する普遍性である。

他の生物と同様、異なる民族は本来一緒に住んではいけないのに、普遍性があるばかりに異民族に侵食され、異民族に駆逐されそうになっている。

大学などで知恵遅れの教授みたいなのが、異文化交流だの、文化多元主義だの、多民族共生だのを教えているようだが、日本も西洋も民族主義に戻るのが正しいのである。