スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛2

2015.05.28.Thu.22:39
先月に大きな整形外科の人気医師にかかったが、正直言って期待外れであった。その人の診断によると、MRI検査の結果、椎間板ヘルニアだが、軽度でとても手術をするような状態ではない。鎮痛剤を飲みながら痛みと付き合っていきましょう。一方ヘルニアが出ていていても全く痛みを感じない人もいて、そのような人は治療の必要がないのだという。

説明に整合性がない。ヘルニアが出ていても無痛の人がいるのならば、私の腰痛の原因も椎間板ヘルニア以外の可能性があるのではないのだろうか。私が頭の良し悪しを判断する材料の一つに整合性のある説明ができるかどうかというのがある。この人と話をしていても腰痛は改善しないし時間の無駄と判断した。

少し前のブログ(腰痛)に書いたように、1.お尻のストレッチ、2.ソフトボールによるお尻の最深部のマッサージをしたら、激痛時からの比較であるが、かなり改善した。

だがここから良くならない。4月5月と鎮痛剤を飲みすぎてるせいか頭が痛く気分も悪い。鎮痛剤なしの生活に戻るため、更なる治療法を見つけて痛みゼロを目指すこととした。

正確な表現ではないが、筋肉の腫れ(ハレ)は時間の経過とともに治る。一方筋肉の凝り(コリ)はいつまで経ってもそのままで、凝りの一部が痛みの原因となる。それが東洋医学で言うツボであり、今風に言うとトリガーポイントなのだろう。


3.片足又割

力士は又割ができるほど体が柔らかいから腰痛にならない説が、私の自己治療の原点である。私は体が硬く、又割などとてもできないが、自分にできる範囲で、片足ずつできるだけ開けるようにストレッチした。片足又割状態なら本も読めるので時間も無駄にもならない。


4.ソフトボールマッサージの範囲拡大

記述の通り、お尻のエクボ、お尻の最深部のソフトボールマッサージをしてかなりの効果を上げたが、完全に治らないのは、まだ他にツボ(トリガーポイント)があるからではないかと考えた。そこで今まで自分の中では盲点であった、背中の下部、お尻の上の筋肉が少ない固い部分、及び背骨の両サイドの筋肉をソフトボールマッサージをしたら、朝の痛みが明らかに減少した。


現在、腰痛はまだ完全には治っていない。だが市販の鎮痛剤を一日1~2回飲めば、残業はできないが、朝から夕方までの定時の仕事はできる状態である。

なお、腰痛の原因は多様であり、上記記述はあくまでも私の経験の報告で、誰にでも同じような効果があるわけではありません。
スポンサーサイト

北海道新聞内でセクハラが組織的に行われている何よりの証拠

2015.05.23.Sat.00:43
少し古い話題だが、北海道新聞社社員のセクハラが一部週刊誌、産経新聞などでニュースになっている。

北海道新聞社社員を告訴 嘱託看護師に「愛人になれ」…と「体触り暴行」
(魚拓)

(参考ブログ)
和はいい和@どうみん
http://doumin.exblog.jp/21805859/

意外に知っている人が少ないが、慰安婦捏造を世界に広めたのは朝日新聞であるが、そのきっかけは北海道新聞(道新)の報道にある。

(参考ブログ)
和はいい和@どうみん
http://doumin.exblog.jp/21163432/

道新の慰安婦捏造の論法に従うならば、道新は社内の女性を組織的に利用している。その利用の仕方には強制性が認められ、それはセクハラとしか言いようがない。セクハラの証拠隠滅を図っている道新に、調査や検証をする資格は無い。そしてセクハラ被害者の証言は、道新のどんな言い訳にも勝る何よりの証拠である。

財界さっぽろの怪文書ボックスによると、「Kはほぼ病気に近い性犯罪者の脳の持ち主だと感じました。」「信じてもらえないと思うが、奴らは常習犯で計画性を感じる。自分には過去、そして未来の被害者が見える」「被害者の希望や意見を聞くというより、ただ隠蔽する事が仕事だと思っているのではないでしょうか。」「足をなでまわしたり、体をぎゅっと強く押し付け、顔を覗き込みながら、「やらせろ、男がやりたいと言ったらやらせなきゃダメなんだよ」「オレは女を見るときはやりたいか、そうじゃないか、それでしか見ていない。Mさんは来た時からやりたいと思っていた」などと言い・・・」などと被害者は証言している。

道新がまずやらなければならないことは調査や隠ぺいではなく、セクハラ被害者及びその遺族に対する誠心誠意の謝罪と賠償である。

腰痛

2015.05.18.Mon.21:36
先月から複合的に体調が悪いが、特にまいったのが腰痛である。座った時が一番痛い。仕事ができないレベルの痛さである。整形外科でMRI検査をしたところ、椎間板ヘルニアとの由。腰痛体操みたいなのを2つ教わったがまったく効果がない。鎮痛剤(最初ロルカム、のちにトラムセット)をもらったが、体感的には全く効いていない。

連休後にはまともに仕事ができるように、5月の連休は安静にあてた。だがどんなに安静にしていても、ちょっとでも座ったら激痛である。これでは仕事にならない。

PCの前で中腰になり、ネットで腰痛対策を検索したら、力士は腰痛が少ないという記述をいくつか発見した。力士は又割ができるほど体が柔らかいので、どんなに体重があっても腰痛にはならないのだという。ただ巡業で長距離バスで移動するようになってから腰痛が増えてきたらしい。座りっぱなしは腰に良くないのだろう。

1.ストレッチ

そこで腰痛に関係がありそうなストレッチをいろいろ試したところ、私に非常に効果があるストレッチを1つ発見した。
腰痛対策に試したい、お尻の筋肉を伸ばすストレッチ - 1日1分からの筋トレ
10の痛みが、5か6になるくらいの効果があった。(数字は私の主観による痛み度である)
痛いから凝る。凝るから痛い。この痛みのスパイラルから解放された感じである。

その他このストレッチも多少効果があったが、痛みを伴うためあまりやっていない。
腰痛を改善! お尻から腰周りに効くストレッチ - 1日1分からの筋トレ

これら以外のストレッチは私には効果がない。


2.お尻の最深部のマッサージ

連休中にどこが一番痛いのかを冷静に探したところ、左のお尻の深い部分の筋肉であることを発見した。これをトリガーポイントというのであろうか。このお尻の深い部分の凝りと痛みが無くなったら、腰痛がかなり改善しているような予感がした。

腰痛道場の「尻エクボほぐし」
このHPを参考にして、タオルを巻いたソフトボールをお尻の下にあてて、上から体重をかけて、お尻の響くポイントに圧力をかける方法でほぐしたところ、6の痛みが3になるくらいの効果があった。(数字は私の主観による痛み度)

筋肉の固い部分(トリガーポイント)は、自覚症状でも、腰のマッサージをしてくれている嫁の話でも、間違いなく移動している。理由はわからない。

腰痛はまだ完全には治っていない。現在は市販の鎮痛剤を飲んで、2~3時間ごとにソファーに寝て休めば、残業はできないが、なんとか仕事ができる状態である。

なお、腰痛の原因は多様であり、上記記述はあくまでも私の経験の報告で、誰にでも同じような効果があるわけではありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。