天職(プロ論)

2015.02.26.Thu.23:34
昔小室直樹の本をよく読んでいた。博識もさることなから漢文調の独特の文体が好きだった。急性アノミーなんて言葉を知ったのも小室直樹の本からである。ただ小室直樹も今一歩というところで民族主義が正しいということに気が付かなかったようだ。理論派受けしない泥臭い思想だったからだろうか。

小室直樹の本に時々出てくるのがヴェーバーのプロ倫(プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神)の話である(「日本人のための宗教原論」など)。

宗教改革の主導者及びその先駆者たちは、聖書だけが唯一の権威である、予定説が正しい、世俗的職業においても行動的禁欲が適用される(カトリックでは修道院の中だけに存在した)と主張した。キリスト教の本質は予定説にある。予定説の論理は、誰が救済され、誰が救済されないかということは、神が一方的に決めていて必ずその通りになる、ということである。善行すれば神に救われるというのは、人間が神を下に見ている思想だ。神の考えは人知を超えている。受験する前から合格者は既に決まっているという考えだ。ただ予定説だと、どんなに考えても(神の考えは人知を超えているから)自分が救われているかどうかの確信が得られない。

こうして宗教改革以降、人々のエトスが根本的に変わったのだという。人々は天職を通じて救いの確信を求めた。天職に励んで聖書を読んで、そして利子と利潤が正当化され、利潤が蓄積されて資本主義が誕生したのだという。これだけで資本主義の成立のすべてを説明しているとは思えないが、そういう話です。

ではキリスト教国ではない日本でなぜ資本主義が発達したのか。小室直樹と親しかった山本七平の「日本資本主義の精神」(光文社1979)によると鈴木正三と石田梅岩の影響が大きかったという。(その他ベラーというアメリカの社会学者が日本の資本主義の成立に石田梅岩の「石門心学」の影響を指摘しているようだが、私はべラーという人の本は読んだことがない。)

石田梅岩の教えは石門心学と呼ばれた。世俗の業務は宗教的修行であり、それを一心不乱に行えば成仏できるとし、当時は賤しいとされていた商人の営利活動を積極的に認め、結果としての利潤は善であると言った。商業を商道として哲学にまで押し上げ「正直・倹約・勤勉」を奨励し、日本の資本主義化を推し進めることとなった。

石田梅岩は日本経営哲学の開祖ともいうべき人で、松下幸之助が生涯尊敬していた人である。石田梅岩は「すなわち心は形となって現れる。何かの形はそのものの心を表している。したがって正しい行いをしたければ、正しい心を持たなければならない」などどニューソートっぽいことも言っている。

私はプロ倫や石門心学を踏まえ、縁があってついている今の職業を天職と考えることにしている。勤勉の精神が無い人は薄っぺらい。プロは結果として無駄な調査や努力もする。私はプロ倫をもじってプロの心構えをプロ論(プロの論理)と言っている。

道新知事誕生阻止

2015.02.17.Tue.19:27
北海道と沖縄には共通点がある。日本のクオリティぺーパーである産経新聞が無い。(厳密に言えば一日遅れの産経新聞を空輸で取り寄せることは可能だが、そんな人はあまりいない。)日本三大極左新聞(北海道新聞、琉球新報、沖縄タイムス)が存在する。

かつてPKO法案に最後の最後まで反対した三紙が(最後朝日新聞までもが賛成に回った)上記の日本三大極左新聞である。日本が国際連合平和維持活動(PKO)に参加すると、軍国主義が復活し、日本が戦争に巻き込まれるのだという。現実にはそのようなことになっていないのだが、白を黒と信じ込ませるのが目的のプロパガンダ紙だからもちろん謝罪にも訂正にも応じない。

北海道知事選に佐藤のりゆきという人が立候補するようだ。「北海道独立研究会」を設立、主宰しており、北海道独立に強いこだわりがあるようである。プロフィールを見ると、北海道生まれの北海道育ち、学校も全部北海道である。だから道新脳となっている可能性が高い。

私からの3つの提言

凄い提言だ。こんな人を知事にしてはいけません。

1.都道府県はつねに日本の一部であること、中央集権化を意識しなければだめです。各都道府県がバラバラになったら江戸時代、戦国時代に逆戻りです。中央集権に成功した国が今生き残っているのです。仮に北海道が独立したとして、今度は各市町村が北海道の言いなりにはならないぞ、なんて言ったら今度は各市町村が独立するのか。

2.この人は観光にずいぶん力を入れているが、観光は景気や国際情勢などに大きく左右される吹けば飛ぶような産業だ。到底北海道の基幹産業にはなりえない。大事なのは一次産業・二次産業だ。特に北海道の場合、農業の生産合理化が重要だ。観光は遊びの産業だ。

3.反原発はアホです。簡単に言うと原発は今発電機を止めているだけの状態だ。今誰も札幌から逃げようとしないのは原発が安全だからです。発電機を止めても回しても安全性に変わりわない。北海道原発大活用宣言しなさい。

佐藤のりゆきの提言には書いていないが、北海道独立に際してどうも外国の力をあてにしている節がある。日本がアメリカと組むなら、北海道は某国と組もう、みたいな意向が見え隠れしている。

選挙は多くの場合、消去法でしか選べない。知事選は消去法で高橋はるみ一手である。道新知事の誕生だけは断固阻止しなければならない。

100-1=0の法則

2015.02.16.Mon.23:31
サービスの世界に「100-1=0の法則」というのがある。例えばレストランで、店はきれいで味も雰囲気も良かったのに、会計時の対応が無愛想だったとか、ゴキブリが走り回っているのを見つけたとか、何か一つ顧客が気に入らないことがあると、その店のすべてが否定されてしまうことである。その他すべては完璧なのに、たった一つのミスが取り返し不可能なマイナスとなる状態をいう。

歌手とか俳優とか芸能人とかが、貧しい知識で反日発言・反日行動などをすることがある。芸能人のお客さんは一般国民だろう。反日発言は料理の中にゴキブリが入っていたレベルの侮辱行為だ。

芸能人というのは、遊びを仕事にしている人で、どんなに有名になっても、どんなに金持ちになっても、一般国民相手にヘラヘラと笑いながらペコペコしていなければならない職業である。それを勘違いして、無い頭と、テレビを見ている程度の貧しい知識で反日発言をする。

根拠のない反日発言・反日行動(疑わしい発言・行動も含む)は、今まで築き上げてきたものをすべて失うような、とんでもないマイナスだということを低能芸能人に判らせなければならない。ただ低能者に反日プロパガンダの嘘を説明しても理解ができないだろう。だから鞭で馬を調教するような気持ちで合法の範囲内で最大限の嫌がることをし続けるべきである。

既に実行している方も多くいると思うが、芸能人に広告費を出すスポンサーを責めるのは効果があると思う。広告を打つような企業には消費者相談室があり、各種の苦情や相談を受けているはずである。反日芸能人を番組に出すのなら、御社の商品は家族も含め、今後一切買わないと言えばよい。(そして本当に買わない。)歌手なら心を折るようなパフォーマンスも効果的である。例えばその歌手のCDやDVDとかを(今はダウンロードするからそんなものはあまりないのだろうが)ハンマーやつるはしで憎しみを込めて破壊する。そのシーンを撮った動画をアップする。これはごみ処理の方法を説明した動画だ、と言えば何の問題もない。

私は読んだことがないが、おいしんぼとかいう反日媚中媚韓漫画があるそうだ。食事屋にこの漫画が置いてあったら、店の人に「反日漫画を置いている店にはもう二度と来ない」と言ったらいい。(そして本当に二度と行かない。)ネットの口コミ欄にも「おいしんぼが置いてある店だった。もう二度と行かない。」と書いたらいい。別にデマを書いているわけでもなく何の問題もない。

父親やおじいちゃんの悪口(しかも嘘)ばかり言っている家庭は異常だろう。日本の中学高校、大学の教養課程で教えている日本史は相変わらず酷い。教科書もさることながら、保守派の論客も目が届きにくい副読本が曲者である。日本は反日がかっこよくてステータスとなる異常国家である。

大きなことはなかなか成果が出ないが、小さな事なら個人でも出来る。反日発言は取り返しのつかないマイナスだということを知らしめる草の根運動をしなければならない。

曹操とスターリン

2015.02.12.Thu.20:20
私が若いころ、もっとも繰り返し読んだ本は吉川英治の三国志である。最初から読んでも面白いし、途中から読んでも面白い。曹操は、赤壁の戦いでは敗れたとはいえ、袁紹とか劉備とか孫権とかよりも少しずつ上手である。支那の3分の2を支配下に置くなど只者ではない。
ただ吉川英治も前書きに書いているように、三国志はあくまでも歴史小説であって史実をなぞってはいるが細部については実話ではない。今の日本からは遠い話だし、就職してからはほとんど読まなくなった。

私は近代史にも多少興味があり、大東亜戦争に関しては「大東亜戦争への道(中村粲)」「大東亜戦争とスターリンの謀略―戦争と共産主義(三田村武夫)」を基本書とし、その他渡部昇一先生や黄文雄先生の本などをよく読んでいた。
その他ここに一冊大東亜戦争のあらゆる要素を加味したダイジェスト版のような本がある。

「スターリンの国際戦略から見る大東亜戦争と日本人の課題」(落合道夫著、東京近代史研究所 2007年)
落合先生の旧ブログに、内外の本1000冊以上を読んで出した結論で、類書なしと書いてあったと記憶する。(落合先生の旧ブログはぷららがブログサービスを中止したため、現在閲覧することができない。)

多少の予備知識がない人には難しい本かもしれないが、三国志よりも今の日本人のためになる本である。

スターリンは戦前の世界的な共産主義思想の流行に乗じてスパイを大活用する。スターリン自身は共産主義など信じておらず利用しているだけ。敵(蒋介石)と敵(日本)を戦わせて弱らせる。強い国(アメリカ)を味方につける。強い国にたっぷり援助してもらい、踏み倒して返さない。加害者なのに被害者を偽装する。被害者が正しいという人間心理を国際利用する。犯罪行為は共犯にする(ヤルタ会談)。

スターリンみないなのを相手にした場合、日本はどう対応したらいいのか、というシュミレーションをしたら、国内頭脳から国際頭脳に近づけると思う。

札幌市原発活用都市宣言

2015.02.07.Sat.22:37
調べごとをしていて、古い資料(魅力都市さっぽろシティプロモート戦略 平成24年1月)を見ていたら暗い気分になった。

『まえがき
このシティプロモート戦略の策定にあたっては、特別な思いがありました。ちょうど1年間の内容検討が終わり、戦略の骨格案ができた頃、折しも2011年3月11日、東日本大震災が発生しました。震災とそれに伴う原発事故は、世界の国や都市に、これからの人の生き方、暮らし方を問い直すことになりました。(中略)震災後に、私が行った脱原発依存も札幌が新たに選択した意志表明のひとつです。
平成24年1月 札幌市長 上田文雄』

原発稼働の可否については、池田信夫さん(この人は自分が理解したことを他人に説明する能力が高い人だ)らがネット上のコラムで大変わかりやすく説明しているが、私も少しだけ話をしたいと思います。

札幌市は、碁盤の目状に市街地が形成されている人造都市である。寒さ対策や雪対策が重要であり、他の都市も同じではあるが、特に電気をたくさん使わないと、快適な都市機能が維持できない。

泊原発は、現在発電機を止めているだけの状態である。発電機を回しても止めても危険度はまったく変わらない。原発稼働(発電機を動かすこと)が本当に危険ならば、反原発主義者が今札幌に住んでいるのはおかしい。

実は左翼の深層心理を解き明かすと、日本が原発を使いこなしているのが気に入らないのです。電化による快適社会は、本来、社会主義国のみが実現可能なはずであり、日本みたいな社会主義に至らない遅れた国が電化など出来るわけ無いはずだった。「電化を進めよ」なんていうプロパガンダアニメもあった。

この屈折した心理が、反原発運動の底流にあるのです。
「節電しています」「電気代が高くて生活に困る」「電気代が高くて生産が成り立たない」
電気が少なくて苦しむ日本に、左翼はたまらない快感を覚えるのです。
その証拠に、中国の核実験、原発、あるいはソ連の放射性廃棄物や原子炉の日本海への破棄に対して、彼らはまったく抗議をしない。
(参考過去ブログ「水道哲学と電気代」2014年9月20日)

先見力の達人である私が今話をしているわけだが、札幌市は脱原発宣言ではなく、北海道新聞がどんなにヒステリーを起こそうが原発活用都市宣言をすべきである。

慰安婦捏造大学教授の本

2015.02.02.Mon.20:20
慰安婦捏造大学という架空の大学の教授の異文化交流本が凄い。

内容を診ると、

・最近は駅の表示や案内板に英語のほか、中国語やハングルが増えてきたが、まだまだ不十分。

・日本にいる外国人は選挙権がないなどの不利益を被っている。

・朝鮮人が日本名の通称で生活しているのは、日本社会が閉鎖的な証拠。

・朝鮮学校は各種学校としてしか認められておらず、全国レベルの大会にも出場資格がないなど、日本人と同じ権利を享受していない。

・日本は日本語ができなければ日常生活ができず、外国人は、さまざまな不便、困難に毎日直面している。

・在日朝鮮人は賞を取ったりした場合は通名で報じられるのに、犯罪を犯したら本名で報道される。(清宮注:通名があること事体がおかしい。それにNHK・朝日新聞・毎日新聞などは朝鮮人の犯罪者表記に通名を使っている)

・男らしい、女らしい、という性によるらしさは文化によって形作られた呪縛のようなもの。

・韓流ドラマが韓国人に対する心理的距離の縮小をもたらし、近い将来、東アジア文化圏が成立し、アジアの国々がお互いにより近い隣人として意識し、自然に付き合う日が来るかもしれない。

・日本人は「従軍慰安婦」「強制労働」「南京大虐殺」などアメリカ人やアジア諸国の人々から加害者として捉えられている事実をしっかりと認識したうえで発言することが求められている。

・海外留学に行く人は、近代日本の歴史をしっかり学んでおきたい。(清宮注:この本の著者がどの程度近代日本の歴史を知っているのか疑問である)

さらに、慰安婦捏造大学の架空のHPを見ると、地球人を育てるとある。


異文化コミュニケーションはアメリカで発達した学問であるが、アメリカというのは特殊な国である。鎖国してもやっていけるような国で、国力がGDP比などでは計り知れないくらいに他国を圧倒しており、いろいろな実験ができる。異文化交流ごっこをしている余裕がある。

欧州では民族争乱が起きており、これは異文化コミュニケーションなど通用しないことを意味する。異文化コミュニケーションの本場のアメリカでも、黒人暴動が起きており、将来もっと大規模な異文化同士の衝突が起こる可能性がある。

異文化同士は本格的に交流してはいけない。お互い研究しあい、尊重しあって、必要最小限の交流に留めておいた方が良い。

本のいたるところに文化文化と書いているが、重厚な文化を創ってきたのは宇宙人でも地球人でもなく民族主義者である。そして異文化の新の理解者も、民族主義者なのである。