第2第3の植村を育む風土

2014.12.24.Wed.22:31
今年の4月頃から、北星学園大学が慰安婦捏造記事を書いた元朝日新聞記者を講師として雇用していることが問題となっている。しかし講師になるのに必要な資格や要件などは大学が講師として認めること以外には特になく、外部の人が合法的に辞めさせることなどできない。

一方、外部の人が辞めさせるなと騒ぐのもおかしい。
植村氏と彼を雇用した北星学園大学を支援する「負けるな北星!の会(マケルナ会)」なるものがあって、その会が主催したシンポジウムに、植村氏とは反対の見解にある人が入場しようとしたところ、屈強な数名の男に囲まれて、追い返されたという。反対意見は門前払いというのは北海道新聞と同じ世界である。
負けるな北星!の会主催の講演会(植村隆講師)に入場拒否されました

北星学園大学には北星学園大学附属高等学校という付属高校があって、北海道朝鮮学校との交流が盛んなようである。
相互理解 貴重な一歩 映画「パッチギ!」 高校生が語る会 道朝鮮と北星大付 日ごろの思い率直に(北海道新聞)
(魚拓)
2007冬 東アジア共同ワークショップ 北海道朝高、北星学園大付属高の生徒らが交流(朝鮮新報)
(魚拓)

朝鮮人強制連行で多く犠牲者が出た。北朝鮮による日本人拉致が明らかになった時には学校に脅迫電話が掛かってきた。日本人と朝鮮人の相互理解が重要だそうだ。

今、日本にいる朝鮮人は密入国者とその子孫なのだが、北星高校でそのようなことを教えているような雰囲気はない。

ネットで拾ったものを参考資料としてアップする。
『四百廿余名の密航鮮人/内地へ続々と侵入』 福岡日日 1938/1/30
『福岡沿岸に密航鮮人頻々/ブローカーと連絡/本年に入つて五百名』 福岡日日 1938/3/3
『また密航鮮人/西戸崎で六十五名逮捕』 福岡日日 1938/3/3
『密航鮮人四十名西戸崎に上陸(粕屋郡志賀島村)』 福岡日日 1938/3/29
『密航鮮人団上陸/トラック運転手の気転で大半は逮捕される(遠賀郡水巻村)』 福岡日日 1938/5/2
『鮮人の内地密航あの手この手/驚くべき大胆な玄海突破や九ヶ月苦心の方法』 神戸新聞 1938/5/21
『鮮人十五名が小倉へ密航(小倉市)』 福岡日日 1938/7/24
『密航鮮人団四十二名 悉く逮捕さる(宗像郡津屋崎町)』 福岡日日 1938/8/26
『・こ奴怪しい・六感的中/果して密航半島人!/海田市署の槍玉へ』 中国 1938/9/1
『密航鮮人丗一名一網打尽に(宗像郡神湊町)』 福岡日日 1938/12/17
『津屋崎沖に不敵な密航船/鮮人十八名を逮捕す(宗像郡津屋崎町)』 福岡日日 1938/12/20
『又も密航鮮人/怪船行方を晦ます』 福岡日日 1938/12/21
『九十余名の鮮人が密航/五十余名を検挙す(宗像郡岬村)』 福岡日日 1939/2/3
『密航半島人二名/倉橋島村で検挙す/発動機船で二十五名潜入/一味検挙に着手』 呉日日 1939/2/12
『半島人密航団か/怪機船倉橋島に出没/呉、江田島署が厳重捜査中』 中国日報 1939/2/13
『密航者丗八名八幡で捕はる(八幡市)』 福岡日日 1939/5/18
『密航半島人遠賀へ十九名(遠賀郡岡垣村)』 福岡日日 1939/6/5
『密航はしたけれど/途方に暮れる気の毒な鮮人/今度は逆戻り失敗(兵庫)』 神戸又新日報 1939/6/20 夕
『密航青年を半島へ送還(兵庫協和会)』 大阪毎日 1939/6/20 神版
『全面的検挙は困難/県の密航鮮人狩り/今後は取締りを厳重に』 中国 1939/11/30
『手荷物の箱詰め人間/密航?の半島人、小倉で発見さる』 大阪毎日 1940/1/14 夕

被害者偽装集団と交流したところで、多感な若者が嘘に染まってしまうだけだろう。

票の不正集計はあるのか

2014.12.19.Fri.22:08
私のブログを読むような人たちならご承知でしょうが、今回の衆院選では票の集計ミスが目につく。

次世代票を共産票に誤集計 京都・伏見区(NHK)
(魚拓)
『京都市伏見区の選挙管理委員会が、衆議院選挙の比例代表で「次世代の党」に投じられた1500票を、「共産党」の票として誤って集計していたことが分かりました。京都市の伏見区選挙管理委員会は衆議院選挙の比例代表で「次世代の党」の票を381票と集計し、京都市選挙管理委員会に報告しました。これに対し、京都府の選挙管理委員会から「極端に少ないのではないか」という指摘が寄せられ、区の選挙管理委員会は開票作業を終えていたものの、職員や立会人などを再び集めて午前5時すぎから票の確認を行いました。その結果、「次世代の党」に投じられた500票の束3つ、合わせて1500票が、誤って「共産党」の票として集計されていたことが分かり、集計し直した結果を改めて報告しました。』

ついうっかりと500票の束を間違えてしまうものなのだろうか。それにニュースの文章から判断すると、京都府の選挙管理委員会の指摘がなければ、次世代票の1500票はそのまま共産党票になったことになる。

投票者数を総数が上回る 諫早市選管再びミス(西日本新聞)
(魚拓)
『諫早市選挙管理委員会は15日、衆院選比例代表の投票総数が投票者数より6票多かったと発表した。「数え間違いの可能性が高いが原因は不明」としている。』

投票総数が投票者上回る=長崎と沖縄でミス(時事通信)
(魚拓)
『長崎県諫早市選挙管理委員会は15日、衆院選比例代表の開票作業で、投票者数と投票総数が一致しないミスが生じたと発表した。投票者数が5万7482人だったのに対し、投票総数が5万7488票で6票多かった。
沖縄県選管も同日、伊平屋村の衆院選小選挙区の投票総数が637票で、投票者数636人を上回ったと発表した。同村選管が複数回数え直したが、原因は不明という。』

原因は不明だそうだが、穿った見方をするならば、投票者数よりも、投票数が多いということは、集計の現場に誰かが票を持ち込める状況にあるのではないか。
誰かが票を持ち込める状況にあるのならば、誰かが票を持ち出すことも可能だろう。
あらかじめ用意しておいた票と、持ち出した票の差が、投票数の多い分なのではないか。

共産党の躍進に水を差すような報道はしないという新聞社もあるだろうし、不正があったとしても当選結果に変わりはないという人もいるだろうが、私は全国1票たりとも不正集計があってはならないと考える。

逸材を失った衆議院議員総選挙

2014.12.15.Mon.22:37
次世代の党の最大の敗因は知名度が低かったことにある。良いも悪いもそもそも一般の人に知られていない。杉田水脈や中山成彬の神質問は、日本維新の会に所属していた時代の話である。それに一般の人は神質問なんか知らない。石原慎太郎は今も維新にいると思っている人もいたらしい。人間は知らないものを肯定する気にはならない。

今回の衆議院議員総選挙は表面的には自民党(保守陣営)の勝ちだが、次世代の党に所属する多くの逸材を失った。南太平洋海戦のようである。自民党では解決できなかった多くの問題、安全保障、偏向マスコミ、歴史問題、教育問題等の解決が遠くなった。

北海道には産経新聞が必要

2014.12.11.Thu.22:25
以前、東京で新聞配達のアルバイトをしていた時に、朝日、読売、毎日、日経、産経の5紙を読んでいた話をしたが(「朝日新聞の誤報のベクトルはすべて反日」2014年9月13日 参照)、その後、実家のある北海道に戻ってきて、フリーターをしながら読売新聞(北海道版)と一日遅れの産経新聞(東京版)を読んでいた。ちなみに北海道には産経新聞北海道版は無いが、一日遅れの産経新聞東京版を読むことは可能である。

そんなある日、平成5年の衆議院議員総選挙があった直後の読売新聞の夕刊に、道警が荒井聡(当時日本新党)の後援会事務所を選挙違反で家宅捜索したという記事が載っていた。ちょっと気になったので、地元新聞ならこのニュースをもっと詳しく書いてあるだろうと、親が読んでいる北海道新聞をみたところ、記事になっていない。前後日の朝刊、夕刊もチェックしたが、載っていない。自民党単独過半数割れや新党ブームに水を差すような報道を控えたのだろうか。北海道新聞が偏向していることは知っていたが、更に、必ずしも北海道に詳しい新聞ではないということをこの時に知った。

滝川市立江部乙小学校いじめ自殺事件という事件があったが、もともと遺族は、北海道新聞に事件を報道するよう求めていたのだが相手にされなかったため、読売新聞北海道支社に持ち込み、2006年10月1日付の読売新聞で初めて新聞報道されたという。(「財界さっぽろ」に小さく載っていた。)

北海道教育委員会に都合の悪いことなので記事にしなかったのだろうか。でも北海道の事件なのに地元紙が隠すのはおかしいのではないだろうか。

北海道には日本のクオリティペーパーである産経新聞が必要である。産経新聞北海道版を覚醒している北海道人が道民新聞に育てたらいい。