スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演繹法と帰納法

2014.10.26.Sun.00:12
今年の8月頃から、戦時中の朝鮮人売春婦は日本軍による強制連行ではなかっただのと、朝日新聞の誤報が問題となっているが、そんなのは、いわゆる保守系の雑誌や評論家の本を読んでいる人たちなら、とっくの昔から知っていることであり、新しい話は一つも無い。(「文芸春秋1997年4月号」櫻井よしこ論文「密室外交の代償ー慰安婦問題はなぜこじれたか」など多数の参考文献あり)

左翼やヤヨクは、いつも平和、平等などの偽善語を吐いているが、その根底にあるものは単純な演繹法的推論である。
(ちなみに社会主義と共産主義、ナチズムとファシズムが異なるように、左翼とサヨクは異なる。)
参考サイト「左翼がサヨクにさよく時」

まず「日本は未だ共産主義に目覚めない遅れた、劣った、悪い国。社会主義国は常に正しい」という大前提があり、これにいろんな既呈命題を照らし合わせると、次のような(彼らなりの)必然的結論が出てくる。

1.シベリア抑留 → ソ連擁護、日本が悪い
2.朝鮮戦争 → 北朝鮮が韓国を開放し、そのまま海を渡って日本も開放してくれる
3.北朝鮮帰国事業 → 北朝鮮礼賛・北朝鮮は地上の楽園
4.日米安保 → 日本は戦争に巻き込まれる
5.文化大革命 → 美化礼賛
6.朝鮮人売春婦 → 日本軍が強制連行
7.中越戦争 → 惑乱。こうなることは判っていたと居直る。
8.林彪事件 → 理解の限界を超えている。思考停止。言い訳。

演繹法というのは大前提や既呈命題が間違っていたり、その包含関係が正しくない場合は、結論はまぐれ当たりを除いてすべて間違いになるという、単純で恐ろしい論理である。

一方、過去から現在にかけての多くの観察事象から共通事項を抽出し、一般命題化して左翼やサヨクの政治的発言は全く当たらないという結論を導く論理展開の方法が帰納法である。

帰納法的に考えると、特殊な研究家を除き、一般の人が左翼やサヨクの話を、わざわざ時間を割いて聞く値打ちがあるとはとても思えない。もちろん9回連続間違ったとしても、10回目には合っている可能性もゼロであるとは言い切れない。

しかしながら、日々膨大な情報を処理、分析しながら生活する中で、信用できない人や新聞社の文章を読んでも時間の無駄でしかない、というのが帰納法的な結論であり、私の立場である。
スポンサーサイト

ロジカルシンキング

2014.10.19.Sun.00:00
考えることの本質は比べることであり、比べるとは同等部分と差異部分を認識することである。そして有効に比べるためには、比べるもののディメンションがそろっていなければならない。たとえば牛肉とトンカツのどちらがが好きか、という質問はいい質問ではない。牛肉と比べるのは豚肉でなければならない。

ソ連が崩壊した時(1991年末なのでまだ私がテレビを見ていた時期である)にテレビを見ていたら、ニュースキャスターだかアナウンサーだかが、「ソ連が崩壊したからといって、資本主義が正しく、社会主義が間違っていた、ということにはならない。アメリカではエイズ患者が蔓延し、とんでもない貧富の格差がある。」みたいなことをしゃべっていた。

ソ連が崩壊したということと、アメリカでエイズ患者が蔓延しているとか貧富の格差があることとは、ディメンションがそろっておらず、社会主義と資本主義の比較の対象としてふさわしくない。

またその後の選挙時に、地元のテレビ局では、北海道教育大学教授が「東欧諸国の共産党独裁は崩壊した。日本も自民党の一党独裁を崩壊させなければならない。」と吠えていた。私なら酔った勢いでも言えないようなレベルの低い発言である。

共産党は恐怖と暴力で国民を支配していたのだ。日本が自民党政権だったのは、選挙の結果である。テレビ局というのは頭の悪い人をピックアップして出演させているのだろうか。

考えるときに、ディメンションの不整合を見破り、ディメンションをそろえるクセをつけることが、論理的な思考ができるようになる第一歩である。

幸せな老い

2014.10.12.Sun.15:11
キューブラ・ロスは著書「死ぬ瞬間」で、死への心理過程は5段階(否認→怒り→取引→抑うつ→受容)に分けられるとした。私はニューソート系のポジティブ・シンキングの持ち主であり、良寛の
「災難にあうときは災難にあうがよく
死ぬときには死ぬがよく候
これ災難をのがるる妙法にて候」
の境地である。

以前、ニューソート系の人は長生きする傾向があるような気がして少し調べたことがある。

James Allen(ジェームズ・アレン)1864-1912 48歳
Ralph Waldo Trine(ラルフ・ウォルドー・トライン)1866-1958 92歳
Florence Scovel Shinn(フローレンス・スコーヴェル・シン)1871-1940 69歳
Prentice Mulford(プレンティス・マルフォード)1834-1891 57歳
Wallace D.Wattles(ウォレス・D. ワトルズ)1860-1911 51歳
Henry Drummond(ヘンリー・ドラモンド)1851-1897 46歳
Charles F. Haanel (チャルズ・F.ハアネル)1866-1949 83歳
Mary Baker Eddy(メリー・ベーカー・エディ)1821-1910 89歳
Emmet Fox(エメット・フォックス)1886-1951 65歳
Frederick Bailes(F.ベイルズ)1889-1970 81歳
Warren Felt Evans(ウォレン・フェルト・エヴァンズ)1817-1889 72歳
Thomas Troward(トーマス・トロワード)1847-1916 69歳
Ralph Waldo Emerson(ラルフ・ワルド・エマーソン)1803-1882 79歳
Ella Wheeler Wilcox(エラ・ウィーラー・ウィルコックス)1850-1919 69歳
Christian D. Larson(クリスチャン・D・ラーソン)1874-1945 71歳
Phineas P. Quimby(フィニアス・クインビー)1802-1866 64歳
Charles Brodie Patterson(チャールズ・ブロディ・パタソン)1854-1936 82歳
Horatio W. Dresser(ホレイショー・W・ドレッサー)1866-1954 88歳
Claude M. Bristol(C.M.ブリストル)1891-1951 60歳
Dale Carnegie(デール・カーネギー)1888-1955 67歳
Harold Sherman(ハロルド シャーマン)1898-1987 89歳
Norman Vincent Peale(ノーマン・ヴィンセント ピール)1898-1993 95歳
Ernest Holmes(アーネスト・ホルムス)1887-1960 73歳
Masaharu Taniguchi(谷口雅春)1893-1985 92歳
Joseph Murphy(ジョセフ・マーフィー)1898-1981 83歳
Joel S. Goldsmith(ジョエル・ゴールドスミス)1892-1964 72歳
Napoleon Hill(ナポレオン・ヒル)1883-1970 87歳
Alfred North Whitehead(アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド)1861-1947 86歳

(生没年は私がネットで調べたもので、年齢は「没年-生年」で計算しています。)

サンプルも少ないし、はっきりとした結論は出せないところであるが、「 死ぬときには死ぬがよく候」思考の人が結局は長生きするような気がしている。

創造技法

2014.10.03.Fri.22:15
とある勉強会に行ったら「原発がダメだということは誰の目にも明らかとなったのです」と吠えてる人がいた。経歴を調べてみると北海道では優秀とされている大学、大学院卒である。
北海道人は道新(北海道新聞)を読んでいるせいなのか、とてつもない思考回路の持ち主が結構多い。昔、自衛隊がPKOに参加したら、自衛隊員が戦争に巻き込まれて大量死し、兵隊が足りなくなって、徴兵制度が復活する、なんて言う人もいた。もちろん現実にはそんなことにはなっていない。
私はテレビを見ないだけではなくラジオも聞かないのだが、小泉元首相が北朝鮮に行ったときに、たまたま耳に入った地元ラジオ番組で、北朝鮮は理想を目指している美しい国なんです、などと言うアナウンサーだかパーソナリティだかがいた。

この手の人間は、トンデモ発言をしても、一定期間経過後には別人格に生まれ変わるのか、自分の過去発言に対してまったく訂正も謝罪もせず、次から次へとトンデモ発言を繰り返す。これは各種創造技法を勉強した成果なのであろうか。

世の中いろんな創造技法が開発されている。ブレイン・ストーミング、特性要因図(フィッシュ・ボーン)、要因連関図、川喜田二郎氏のKJ法など。
昔、学校でブレイン・ストーミングの練習をしていた時、日本を良くするためにはどうするか、みたいなテーマだったと思うが、ある人が「外国人を日本に入れない」と言ったら教授が「外国人が日本に来るのはいいことだろ」と怒って記録から削除させていた。
外国からは犯罪者も来るし、病気を持って来る人もいるし、いつのまにか生活保護を受けている人もいる。外国人が日本に来たら悪いこともあるのではないか。
そもそもブレイン・ストーミングというのは、1.批判厳禁、2.自由奔放、3.量を求める、4.結合改善がルールのはずなのに、教える立場の教授がわかっていない。

私はユニークな考えは嫌いではないし、創造技法も正しく適用すれば有用と考えるが、それよりもっと重要なことは、自分の過去発言、行動、考えの検証能力を高めることである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。